賃貸物件を契約前に交渉してみる

引越し費用というのは、安くはありません。できるだけ引越しにかかる費用は、抑えたいものですね。思い切って、賃貸物件を値切ってみるのも一案です。初期費用を抑えるためにも、交渉で安くなる可能性があるならやってみても損はありません。賃貸契約で、価格を交渉できるものには、何があるのでしょうか。敷金、礼金、家賃に、保険料、仲介手数料なんかもあります。下調べがかなり出来ているのであれば、家賃交渉もイケルかもしれません。築年数に対して家賃が高額とか、他の部屋の家賃と比べてみたりもできますが、ハードルは若干高めです。

引越し費用を抑えるために、交渉しやすいというと、実は礼金なんです。家賃の値下げ交渉は案外あることでありますが、ほかの部屋と家賃が違うと、ほかの部屋の入居者の手前上も、あまりよろしくありません。すでに住んでいる、入居者との公平も保つことも大切です。その点、礼金には、そういったたぐいのリスクがありませんから、大家側としても、相談に乗ることに抵抗を感じることがないのです。また、毎月支払う家賃とは違い、礼金は初回だけなので、そこも下げやすい要因なのです。敷金は、保険の役割を担当しているので、値下げ交渉には向きません。ターゲットは礼金です。